←prev entry Top next entry→
相模女子大学の学生さん達によるビル見学
0
    昨日(3月22日)、相模女子大学人間社会学部社会マネジメント学科の学生さん達(24名)が当ビルを見学に来て下さいました。
    学生さん達は「地域の実情の見聞、体験及び地域資源の活用の模索」を目的として、大学と鳥取県民との交流事業の一環として鳥取県にお見えになりました。

    第1日目の昨日は、
    1)鳥取市のまち歩き:川端通り〜智頭街道〜五臓圓ビル
    「五臓圓ビルを保存活用する会」常村護会長より当会の取り組みの説明及び意見交換
    2)「鳥取県ジゲおこしインターネット協議会(ZIT)」小谷寛会長との意見交換
    第2日目は、若桜鉄道及び沿線まちおこしについての取り組み
    第3日目は、鳥取砂丘の見学とレクチャー(観光課と環境保全)
    というハードなスケジュールでの「体験活動」となっています。


    相模女子大学は、平成20年度より文部科学省のプログラムによる地域との連携活動を行っておられます。その一環として、小泉前学長が鳥取県のご出身(境港商工会委嘱「FISH大使」)であることや、谷崎現学長が鳥取県出身の文学者生田長江の研究者であり、来県のご経験もおありであることから、昨年より大学と県との交流事業が行われています。

    相模女子大の学生さん達は、ハードなスケジュールの中ビル見学にお越し戴きました。有難うございました。
    また、関係者の皆様お疲れ様でした。
    | gozoen | 五臓円ビルを保存・活用する会 | comments(2) | - | - | - |
    Comment
    2010/03/24 9:07 AM posted by: 吉弘
    先日はお世話になりました!!
    女子大生も関東で鳥取の宣伝大使をしてくれるといいのですが!
    2010/03/24 11:22 AM posted by: Morishita
    吉弘さん
    コメント、有難うございます。
    そうですね、女子大生の皆さんが鳥取の宣伝をして下さるといいですね!
    また、来年も来て戴いて「智頭街道の変化」を見て戴きたいものです!!
    name:
    email:
    url:
    comments: