←prev entry Top next entry→
「川と路2015」
0
    9月5日(土)好天に恵まれ、きなんせ広場周辺で開催されました。
    主催は、アーティストリゾートとっとり実行委員会・鳥取県、そして
    鹿野街道、智頭街道、若桜街道の商店主と有志が組織した、
    「さんかいどう物語」が事業主体になり、東京の建築家ユニット
    「mi-ri meter」笠置秀紀、宮口明子両氏の企画で実現しました。
    袋川の水は飲めるのか!?というテーマで、4mの濾過装置を設置し
    鳥取大学矢島准教授のアドバイスをいただき実験を実施しました。
    また、城北高校西村教頭先生には小学生20名ほどにペットボトルを
    利用した、ミニ濾過装置によるワークショップをお世話になりました。
    引き続き11月13日(金)〜15日(日)には、第2弾を計画しています。
    テーマは「三街道をただよう!舟カフェキャラバン」乞うご期待!!

      試薬でCOD(化学的酸素要求量)やPH値などを調査しました
      煮沸すれば飲めなくもない値と評価されました

      川べりでのワークショップの様子 川の歴史も学びました
    | gozoen | - | comments(0) | - | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: